Menu

Made in Okinawa | あんぼんべびー

10月8日(土)、9日(日)に福岡県久留米市の「花伝」にて開催される。

ON THE PLANTS

へ向けていろいろ準備を進めていく中でディッキア、アガベの他にも素晴らしい植物がないか探していました…
するといました!沖縄にはいました!ハイパーハイブリッドハルサー 農Plant農Life のMine_Farm!

Mine_Farmでは
今年収穫したマンゴーは今年食べたマンゴーで群を抜いていました。
沖縄ではマンゴーを結構食べるので食べ比べしました。知り合いだからという贔屓抜きで
何も知らない嫁や娘たちもMine_Farmのマンゴーをあの時のマンゴーが美味しかったと
鮮明に覚えてるので間違いないと思います。

その真面目な姿勢が作り出すものの味に反映されているその彼が
育て上げる素晴らしいガチッと形のいいあんぼんべびーをどうにか
福岡に持っていただきたく打診させていただきました。

こちらの熱意と今後沖縄でどうPLANTSを楽しむか酒を酌み交わしながら語り合い
私の熱意を聞いていただきMineさんの情熱に刺激をいただきこのような出逢いを
ここだけで楽しむだけじゃなくこの衝撃を本州へ飛ばしたい想いから素敵なPlants達を
快く譲っていただき今回ON THE PLANTSに持っていくことができました。
本当に感謝です。
20160823155146

ON THE PLANTS詳細
10月8日(土)、9日(日)に福岡県久留米市の「花伝」にて
多肉植物・ブロメリア、アフリカソテツ、シダ類などを、展示即売させていただきます。
普段なかなか見ることのできない植物を実際に手に取ってみることのできる
楽しいイベントです。
また、栽培方法などについても直接聞くこともできるので、是非この機会に皆様
お誘い合わせの上ご来場下さい。
なお、カード決済が出来ず現金のみの対応とさせて頂きますのでご注意ください。
日程
10月8日(土曜)9:30~17:00
10月9日(日曜)9:30~16:00

会場
福岡県久留米市北野町金島122-7

TEL:0942-78-7388

出店者
花伝
ISHII PLANTS NURSERY JAPAN
Sathoshi’s Nurserys
Plants Work
totoge

あれから2年…|Dyckia Jaws


あれから2年経ちましたDyckia Jaws。

いろいろ実験?試行錯誤しながらここまで成長しました。
スペースの制限状あまり大きくはしていないのですが
かっこ良く育てられていると思います
dyckiajaws
去年は養分をかなり控えめに管理していたので脇芽も出さず緩やかな成長でした。
今年に入り置き肥、液肥を与えると一気にグンっと成長し脇芽も出てきました。
太陽をガンガン当てて管理なので成長に拍車がかかってる気がします。
分頭もしていて早く割りたい衝動もふつふつと沸き上がっていますが失敗も怖いのでタイミングを見計らって
割っちゃいたいと思います。

ON THE PLANTS VOL.1 FUKUOKA

ONTHEPLANTS VOL1
南の孤島でこっそり楽しまずに出てこいよーって嬉しいお誘いをうけ今回このような
素晴らしいイベントに参加させていただく事になりました。

ON THE PLANTS

沖縄では植木市くらいなイベントしか無いのでこの先ここ南の孤島でも
小さくてもこのようなイベントを開催したいなーという企みもあり
勉強、本州の素晴らしい植物を目の当たりに出来るのと
本州のPlants Loverとの交流を期待にゾクゾクしております。

ON THE PLANTS詳細
10月8日(土)、9日(日)に福岡県久留米市の「花伝」にて
多肉植物・ブロメリア、アフリカソテツ、シダ類などを、展示即売させていただきます。
普段なかなか見ることのできない植物を実際に手に取ってみることのできる
楽しいイベントです。
また、栽培方法などについても直接聞くこともできるので、是非この機会に皆様
お誘い合わせの上ご来場下さい。
なお、カード決済が出来ず現金のみの対応とさせて頂きますのでご注意ください。
日程
10月8日(土曜)9:30~17:00・10月9日(日曜)9:30~16:00

会場
福岡県久留米市北野町金島122-7

TEL:0942-78-7388

出店者
花伝
ISHII PLANTS NURSERY JAPAN
Sathoshi’s Nurserys
Plants Work
totoge

エンセの目覚め

遂に街に待っていた奴が目覚めました!
死ぬまでに見れるかなーと思っていた植物だったので
いまだに育ててるのが夢のようです。
Encephalartos Horridus
ついに萌芽!この日をずーーっと待ちわびて
来年に見れるかなーと現地葉を枯れ果てるまで楽しもうと思っていましたが
9ヶ月でその日を迎える事が出来るとは思いもしませんでした。

encephalartos horridus
しかも3本出てきてる最初の葉なので現地葉のような感じとは違うと思います。
でもそんなこたぁどうでもいいです!
かなり思いの詰まったファーストホリダスの葉どう変化するか眼に焼き付けておきたいと思います!

Green Monster|Adenia Fruticosa & Globosa

去年からちょっとハマりつつあるFat Plantsのアデニア。
そして南の孤島では育てやすくてフォルムが個性的でカッコいい!
緑肌のAdenia Fruticosa【アデニア・フルチコーサ】
adenia_fruticosa南アフリカに生息しクローバーのような葉に蔓が生えてきて上へとに伸びてます。
ガンガン直射管理がいいと思っていましたが
緑の肌が渋い色になってきています若干遮光が必要なのか観察中です。
ここまでの大苗はあまり国内でも見かけませんが不人気なのかな?

イボイボの緑のこん棒のAdenia Globosa【アデニア・グロボーサ】
アデニア・グロボーサこっちは東アフリカ原産で刺々しい枝なかにも小さい葉が
生えてくるなんとも暴力的な塊根植物。
自生地ではこの塊根がほとんど埋まってるというから不思議です。
成長するとさらにイボ状が出てくるらしいので変化が楽しめそうです。
アデニア・グロボーサ
植え付け3日後に萌芽してきました。
どうやら南の孤島がとても気に言った様子です。
アデニア・グロボーサ

Dyckia Summit 2016 NIHONBASHI

南の孤島のおっさんの相手をしていただいている
ディッキア仲間であり勝手に最高のGoeringii作ろうぜ会!会員の
yocto主宰のmachiさん
「東京から発信する植物のスタイル」をコンセプトにオリジナルの
鉢や園芸グッズ、コーデックスを中心に貴重な植物を扱うtokyさん
2016年6月4日一日限定のディッキアの展示・販売イベントDyckia Summitが開催されます!

Dyckia_summit

machiさんは日本ブロメリア協会の総会「地生ブロメリア部門」で金賞を受賞されたそうです。
育てている方から評価をいただくということは凄い事だと思います。
まさにDyckiaバロンドールです!
その熱い想いで育成されたディッキアの素晴らしさを体感できる素晴らしいイベントです。

machiさんのきっかけがまた素晴らしいです。
以下、machiさんのHPDyckia Summit

ディッキアはまだそこまで普及していないので、園芸店に並ぶことも少なく、あったとしてもよく分からない
交配種やカピカピになった状態の悪いものばかりで、ブロメリア愛好家以外は大きく力強く育ったディッキア
というものを目にする機会がないのでは?と思ったからです。
少し話がそれますが、知人がディッキアを多数取り扱う関西方面の某農園(有名)で
買ったという葉が閉じきった哀れなディッキアが、そもそも疑わしい品種名に更に聞いた事もない名前
(それっぽい感じの)が付け加えられ、そこそこの高値で販売されていたんですね。
その時、初めて買ったディッキアがあれじゃ本当に可哀想……と強く感じたのもきっかけの一つです。
ちなみにその株は発根していませんでした。
そんな株を売って、購入した方は訳も分からず直ぐに枯れてしまったら
ディッキアつまんない!ってなってしまうのでは?
昔はそんな株を買う方も買う方だな…と思っていましたが、
その品種がどういうものか知らない、本来の元気な姿を
見たことなければ、騙されていることにも気が付いていないのでは…
それは悲しい。そんないろいろな想いもあり、このイベントに協力しようと思いました。

このいろんな想いが凝縮されたmachiさんのDyckia world是非体感していただきたいです。
当日machiさん本人も鎮座しているそうなのでディープなディッキアトークができるかもしれませんよ!

残念ながら私は遠く南の孤島からエールを送る事しか出来ませんがこのイベントの成功を祈っております。

黒い壷|Hohenbergia Leopoldo-Horstii Black Form

毎回理想の形を作り込めずに放出ばかりしている
ホヘンベリギア レオポルド・ホルスティ
あの山のような絞り込みの形と
漆黒のようなカラーで作り込めるように
また始めました

Hohenbergia leopoldo-horstii black form
Hohenbergia leopoldo-horstii black form
ダンクローンもともおもいましたがBlack Formのほうが
かなり黒くなりそうなのでまたチョイスしました。
目標は福岡でブロメリアをこよなく愛している
あの方のレオポルみたいな良形を目指します。

Agave titanota ver Crazy VS Agave titanota cv.Black and Blue

梅雨入り宣言されたここ南の孤島…
アガベをどう管理しようか悩みどころの季節
Agave titanota ver Crazy
AGAVE titanota ver Crazy
雨ざらしに管理してるので白い棘が良い感じにエイジングされてワイルドな表情に仕上がっています。
かなり辛めに管理しているので脇芽が出てこないうちのAgave達…
白鯨とは対照的な Agave titanota cv.Black and Blue
agave titanota cv.Black and Blue
新葉の棘は黄色がかった感じのカラーから黒になり直射日光をガンガン当てるとワックスがかかりグレーがかってくる。
ここまで変化を楽しめるのはcv.Black and Blueの魅力です。

梅雨目前のG.W.

GW目前すっきりしない天気が続くここ南の孤島です。
この連休が終わるタイミングくらいで梅雨入りになります。
この梅雨時期がDyckiaにとって一番活着にいい気候で
最近迎え入れたDyckiaの安定を狙っています。

Dyckia ‘Bill Paylen’と一緒に導入したDyckia FXX。
やっぱりここ最近の日照不足で成長点付近が色抜けしています。
Dyckia FXX
ここから長〜い梅雨でどこまで色が抜けるかなのですが
梅雨明けすると一気にまた色を取りもどすのでその変化ももまたDyckiaの楽しみの一つです。
Dyckia FXX