Dyckiaの葉の裏のこのテクスチャが好きです。
Dyckia heven and hell
この葉の裏の機能性とか自分なりに妄想しながら育成のヒントにして楽しんでいます。
上からじゃぶじゃぶかけてもこの攻撃的な形状。
根っこまで水分が上からじゃ意味がなさそうですが水がないところでも空気中の水分を
効率良く成長点に運べるような形状がこのような葉のテクスチャを生んだのではないのだろうかと
勝手に思い込みながら愛でて楽しんでおります。
いつもながらなのですが謎がもう一つあってディッキアの成長株の植え付けの時成長点の
真下の土のところはかなり少なくなるのが最近の謎です。
そこが育成にかかるキーポイントなのかなといろいろ試してみています。
こういう勝手な勝手な妄想を基にいろいろ試すのも園芸の楽しいとこです。