Agave titanota|チタノタ革命

ディッキアの猛攻もさることながらドンと鎮座しているAgave titanota No 1(FO-076)compacta

今年は、”アガベの逆襲””チタノタ革命”と銘うって再度リュウゼツラン(アガベ)属にも熱い視線を送りたいと思っています。
Agave titanota(FO-076)
その中でもティタノータはバリエーションがかなり豊富で自分の好みのカタチを見つけ出したいです。
Agave titanota(FO-076)
この骨のような質感がいつ見ても植物の域を超えていて身を守るにしてもオーバースペックな感じがしてそこがまた愛おしいです。
沖縄の気候だとアガベは気を抜くと大きくなってなかなかスペースを取ってしまうので計画的に締めて育てていきたいですが地植えしてみたいっていうのも本音ですねどんなに大きくなるか見てみたいです。
アガベのことはIGで参考にさせていただいているroukaさんのとこでいろいろ勉強させて頂いております。どんどんアガベ沼にハマりそうで大変ですよ