アガベの脇芽

アガベの脇芽ができたり
輸入時に付いたまま到着して植える際に外れたりした場合は
うちの場合は寄せ植えしています。
大体5〜8センチになるタイミングで鉢わけしています。
植え替え時にどのサイズまで大きくしようかと想定して
鉢のサイズを決めています。
外す大きさによりますが発根しないのもあればぐんぐん差がついたりするので
同等のの管理をすると安定のサイズまでだいたい揃えることができると思ってと
鉢が多くなって管理がぞんざいにならないようにもあります。

Agave titanota 'Black and Blue'の脇芽Agave titanota ‘Black and Blue’の脇芽
鉢の中で色素が薄い脇芽も一緒に管理してますが不思議とだんだん追いついていきます。
外した後はさし芽種種まきの用土にバーミキュライトを少々追加して保水性を少し高めに
し葉が展開し厚みが出て来るまで植えたままです。
   
Agave titanota 'Black and Blue'外し時の目安をよく聞かれますが大きくなるまで待つと親株を持ち上げてくるし
小さいと成長に時間がかかるのでどこを取るかで判断したほうがいいのと
とりあえずいろんなサイズで試して自分の収穫サイズを決めてみてもいいと思います。
見頃のサイズが必ずあるので自分のスタートラインを決めてみては?