Agave guadalajarana | アガベ グアダラハラナ

ポタトラムのようなイシスメンシスのような双方のいいとこ取りしたかのようなアガベ。
Synonyms  Agave guadalajarana Trel.
アガベ グアダラハラナ
60cm〜90cm位の大きさに成長します。
パドル形状の灰青色の葉を展開し、魅力的で形の小さくてコンパクトなロゼットを形成し、
葉のヘリに沿って緋色と紅緋が入り混じったspinesがランダムなサイズ、カーブで特徴的な
葉を構成しています。子株を出しにくい個体だそうです。

葉の動きが出るタイプでそれに伴いleaves imprintが美しく出る種になっています。

花の高さは4〜5mの高さまで伸びると言われています。
 Agave guadalajarana

アガベ・グアダラジャラナは、ハリスコ州グアダラハラ地域の周辺、メキシコのナヤリット州のCeboruco火山地域に自生していたと言われています。

標高範囲は標高1,500〜2000メートル。

火山性の岩質土壌の樫の森林の草原の斜面生息しており、ほとんど岩しかないところの斜面に根ざしています。

アガベ グアダラハラナ

太陽にガンガンあてていかつく育てたい品種の一つです。