凶器な植物

アガベの中で殺傷能力がNo. 1であろうといつも緊張感を持って対峙している(大袈裟ですね)の

Agave macroacantha|アガベ・マクロアカンサ

この苗はショートなタイプということで導入してみました。
以前にも育てていたのですが親苗の仕上がりが今まで見たことないような感じのフォルムが気になり導入しました。
マクロは油断するとすぐに大きく成長してしまうイメージで今回は結構慎重に太陽の当たる場所を確保しながら伸びないように管理しています。

今年は例年になく気温が高かったせいなのか葉の形成と展開のスピードのバランスが崩れた感じでどんどん葉は展開していきどんどん成長点部がどんどん細くなってきています。
太陽と水のバランスは例年と同じ感じなのですがもう少し水を減らしたりな感じなのでしょうね


以前にも育てていたのですが親苗の仕上がりが今まで見たことないような感じのフォルムが気になり導入しました。
マクロは油断するとすぐに大きく成長してしまうイメージで今回は結構慎重に太陽の当たる場所を確保しながら伸びないように管理しています。

今年は例年になく気温が高かったせいなのか葉の形成と展開のスピードのバランスが崩れた感じでどんどん葉は展開していきどんどん成長点部がどんどん細くなってきています。
太陽と水のバランスは例年と同じ感じなのですがもう少し水少なめな管理が必要なのかな?
まだまだ続く夏の終わりちょっとづつ涼しくなってくるので動きが活発になってきそうです。