Agave

Ageve

色鮮やかなレッドライン Agave Blue Glow|ブルーグロウ

私の楽しみ方はBlue Glow太陽をバックに葉をすかして見える角度で変化する濃淡からのグラデーションを堪能しております。 夕方の太陽はさらに深くカラーの幅が広くさらに魅力が倍増します。 カメラの腕がまだまだなので是非、育ててみてその魅力を知ってもらいたいそんな品種の一つです。 本種はその中でも数千の中から選抜された矮性(dwarf type)です。 葉の幅がワイドなフォルムでエッジの部分の幅が広めです。
Ageve

いざ!アガベの山へ

遅くなりましたがつらつらと書かせていただきます。 2018年6月16、17日に芽の巣山で開催されましたアガベ好きの為、 初めて育てたいアガベという植物に出逢えるようなイベント。アガベの山へ参加させていただきました。 沖縄から上京するタイミングで台風6号が接近してる状況の中飛行機が飛ぶか賭けでしたがギリギリ飛ぶことができました。
Ageve

totoge 江戸へ|アガベの山 Vol4.

芽の巣で不定期に開催されている アガベの山 vol4. へ参戦させていただける事になりました。 去年はbottaに苗だけ出品させていただきましたが 今回、私の方も店頭に立たせていただき接客もさせていただきます。 南の孤島の訛り強めですがいろんな人と意見交換させていただけると嬉しいです。
Ageve

agave titanora Reo | アガベ チタノタ レオ

Agave titanota Reo 【アガベ チタノタ レオ】 titanotaでコンパクトな種といえば Agave titanota "filigree” や上に展開していくAgave titanota Tower of Babelと私の知っている範囲ではこの2種なのですが このREOもこのコンパクトな部類に入ると思います。
Ageve

謎の太陽 | Agave ‘Solar Eclipse’【アガベ チタノタ ソーラーエクリプス】

南の孤島で育成しています Agave 'Solar Eclipse’【アガベ チタノタ ソーラーエクリプス】 初夏までの新葉には斑が出てくるけど展開するにしたがって グリーンの厳ついtitanotaに戻っちゃいます。 オ...
Ageve

銀葉の期待 | Agave sebastiana ‘Silver Lining’

gave shawiiの亜種に属していてshawiiとして扱われることもあるそうですがこの個体は葉の色が灰色がかってくることから判別しやすいそうです。 厚みの葉と滑らかな曲線から小さめの棘がチタノタ、ホリダとは違った気品さが漂うAgaveです。
Ageve

植木鉢

植物と鉢は切っても切れない関係です。 育成を重要視するとプラ鉢の方がいいと言う声もありますが 芸術的な要素を取り込み楽しみたいと一度は必ず考えると思います。 育成と芸術性ががっちりマッチするとより眺めてて優越感に浸れると思います。 でもこれは人間のエゴかもしれませんが植木鉢という一つの文化を 楽しむのもこれまた一興です。 ひとつひとつ職人の手で作られた、様々な素材の鉢をセレクトされているhumanityさんで気になるpotを購入させていただきました。
タイトルとURLをコピーしました