Blog

ブーフォン・ハエマンソイデス|Boophone haemanthoides 2018

それから冬が終わり夏の管理は手探り状態でとりあえず雨にはあてずの直射日光下で しっかり乾いたら水遣りする感じで鉢を持って軽くなったら大体で水遣りを施していました。 完全休眠することなく冬がやってきました。
Ageve

銀葉の期待 | Agave sebastiana ‘Silver Lining’

gave shawiiの亜種に属していてshawiiとして扱われることもあるそうですがこの個体は葉の色が灰色がかってくることから判別しやすいそうです。 厚みの葉と滑らかな曲線から小さめの棘がチタノタ、ホリダとは違った気品さが漂うAgaveです。
Blog

ブーフォン・ハエマンソイデス|Boophone haemanthoides vol.1

ブルータスに掲載されていた、南アフリカので2ページぶち抜きのBlubにやられ手を出してしまった。 ブーフォン・ハエマンソイデス
Ageve

植木鉢

植物と鉢は切っても切れない関係です。 育成を重要視するとプラ鉢の方がいいと言う声もありますが 芸術的な要素を取り込み楽しみたいと一度は必ず考えると思います。 育成と芸術性ががっちりマッチするとより眺めてて優越感に浸れると思います。 でもこれは人間のエゴかもしれませんが植木鉢という一つの文化を 楽しむのもこれまた一興です。 ひとつひとつ職人の手で作られた、様々な素材の鉢をセレクトされているhumanityさんで気になるpotを購入させていただきました。
Ageve

ベールに包まれた黒爪と青肌 | Agave Black and Blue

謎の多いアガベには魅惑的な美しさが宿る。 アガベ ‘ブラック アンド ブルー’ | Agave ‘Black and Blue’ この灰青と淡藤色を混ぜた感じの葉と黒い棘との組み合わせが特徴的。 日本でも人気のこのアガベの詳細が知りたくアメリカのアガベの専門家 の数人へコンタクトを取りお話を聞かせていただきました。
Ageve

Agave guadalajarana | アガベ グアダラハラナ

ポタトラムのようなイシスメンシスのような双方のいいとこ取りしたかのようなアガベ。 Synonyms  Agave guadalajarana アガベ グアダラハラナ 60cm〜90cm位の大きさに成長します。 パドル形状の灰青色の葉を展開し、魅力的で形の小さくてコンパクトなロゼットを形成し、 葉のヘリに沿って緋色と紅緋が入り混じったspinesがランダムなサイズ、カーブで特徴的な 葉を構成しています。子株を出しにくい個体だそうです。
Ageve

アガベの脇芽

アガベの脇芽ができたり 輸入時に付いたまま到着して植える際に外れたりした場合は うちの場合は寄せ植えしています。 大体5〜8センチになるタイミングで鉢わけしています。 植え替え時にどのサイズまで大きくしようかと想定して 鉢のサイズ...
スポンサーリンク